メダカ販売 亀田養魚株式会社Blog

メダカに関する事や日々の出来事、メダカ販売の最新情報などを記して行きます。

メダカの稚魚にはグリーンウォーターがいい!

メダカの飼育池

こんばんは!

岡部です。

 

メダカや金魚を飼われている方は水槽が緑色になった経験ありますよね。

飼ったことがなくても、水が入ったバケツがいつの間にか緑色になったりしたのを見たことがあると思います。

 

バクテリアやプランクトンなど大量に発生して水が緑色に見えます。

発生する条件は、直射日光があたり、日照時間が多いということです。

作り方は簡単です。

時期によって異なりますが、直射日光が当たる場所にバケツに水を入れて数週間待つだけです。※メダカを数日経過したバケツに入れれば、より早くグリーンウォーターになります。

 

稚魚メダカはグリーンウォーターの元となる植物プランクトンを食べます。

青水に稚メダカを泳がせていれば、いつでもエサが食べ放題というわけです。

通常の水に比べると、安定した状態であり成長スピードは圧倒的に違うと言えるでしょう。

メダカがフンをすると、それが植物プランクトンに栄養を与えます。

カロテンが含まれているのでメダカの色揚げにもかなり効果的だと思います。

 

ですが、注意しなければいけないこともあります。

青水になると中がまったく見えないということです。

稚メダカが植物プランクトンを食べることにより成長速度上がるけど、個体により成長速度は違うのは当たり前です。

つまり、同じ日に生まれたメダカでも大きさに差があるメダカが出てきやすくなります。

その結果、短期間で大きく成長してしまったメダカは小さなメダカをどんどん食べていきます。

そして、大きく成長したメダカだけしか残りません。

グリーンウォーターは中がまったく見えないので、そのことに気づかないことも多々あることでしょう。

もし、気づいたら早めに隔離して下さい。

Copyright(C) blog.medaka.shop All Rights Reserved.