メダカ販売 亀田養魚株式会社Blog

メダカに関する事や日々の出来事、メダカ販売の最新情報などを記して行きます。

めだか飼育水槽の水深

時間あるときに作成している飼育池が完成しました。あと10池です。
4m×3mなので2トンの水量になります。
めだかは自然界を見てもわかるように水深の深い場所には生息していません。
餌を捕食する事、または水圧と関係があるものと思います。
めだかの学名Oryzias latipes(オリジアス ラティペス)とは水田にすむ幅広いヒレをもつ魚という意味です。
広い池では水深は20センチもあれば十分です。
ただ市販で販売されているガラス水槽などの小さな容器では水深は深くても幅が狭いので、すぐに餌を見つける事ができるので問題がないように思います。🙋

水深が浅いメダカ飼育池
水深が浅いメダカ飼育池

Copyright(C) blog.medaka.shop All Rights Reserved.